2009年01月27日

米主要企業でリストラ急加速

世界的な景気悪化で業績が落ち込んでいる米企業が大規模なリストラを打ち出した。

 米主要企業の人員削減数は26日に発表された分だけで約6万人に達した。2008年10〜12月期決算発表がピークを迎えて業績不振が鮮明になる中で、大型リストラで経営のテコ入れを図る狙いだ。主要企業で加速する人員削減は、雇用不安を一段と強め、米経済を支える個人消費にも深刻な影響を与えそうだ。

 建設機械大手キャタピラーが26日発表したリストラ策は、全従業員の約18%にあたる約2万人の削減だ。08年10〜12月期決算の純利益は前年同期比32・2%減の6億6100万ドルと大きく落ち込んだ。景気悪化にともなう建設需要の減少は長期化する見通しで、リストラ策は、09年も厳しい事業環境は続くと見込んだうえの決断だ。

 製薬最大手ファイザーは26日、米同業ワイスを680億ドル(約6兆円)で買収すると発表。その一方で両社合計で1万9000人を削減する方針を打ち出した。08年10〜12月期決算で純利益は同90%の大幅減。大規模な合理化を実行しなければ、統合効果を引き出せないと判断した。

 26日はこのほか、携帯電話大手スプリント・ネクステルが8000人、日用品販売大手ホーム・デポが7000人、半導体大手テキサス・インスツルメンツが3400人、自動車大手ゼネラル・モーターズが2000人などと相次いで大型リストラを発表した。

 大規模な人員削減は昨秋までは、金融や自動車など一部の業種に集中していたが、年明け以降は、ほぼ全業種に大型リストラの波が広がっている状況だ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090127-00000014-yom-bus_all
posted by dd1204jp-toeic at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月25日

国家による紙幣の発行

『国家による紙幣の発行』

アメリカ憲法ではアメリカ政府だけが紙幣を発行する権限が有るが、現実には一民間機関(全株主が民間有力銀行のたんなる一株式会社)である連邦準備制度理事会(FRB)なる組織が政府の委託を受けているとの名目で、勝手に自由にドル札を印刷して莫大な利益をあげている。
国民皆保険の創設にしても全国新幹線網の整備にしても途轍もないカネが必要で、今のように巨大な財政赤字に苦しんでいるアメリカ政府に賄える額ではない。

アメリカ財務省発行のドル札がアメリカを救う。
世界の国々でその国の憲法を無視して、国家が管理する中央銀行(国家が51%以上の株式を保有する)以外が紙幣を発行している国は世界ひろしと言えどアメリカ一国だけであろう。
そして歴代アメリカ大統領で膨大な戦費を賄う為に、アメリカ政府の権限でアメリカ財務省発行の紙幣(グリーン・ペーパー)を造ったのはエイブラハム・リンカーン唯一人だった。
因みにこのリンカーンの紙幣のことを通称グリーン・ペーパーと呼び、現在では『偽札』との意味も有る。
ニュヨークの銀行団に逆らって自らの紙幣を発行したリンカーンは、ケネディと同じように衆人環視の中で凶弾に倒れてしまう。
歴代大統領とは違い、自ら財閥の一員でもあったケネディ大統領はFRBの紙幣発行の旨味を熟知しており、リンカーンの様にアメリカ財務省発行の紙幣の可能性を考えていたらしい。
歴史は繰り返す。ケネディ以来半世紀ぶりに上院議員から大統領になったオバマが『真の変革』を望むなら現職大統領としてアメリカの歴史上初めて暗殺されたリンカーンや最期に暗殺されたケネディを待っていた運命(歴史的使命)と重なる部分は当然であろう・・・

日本の場合、日銀が公定歩合などを決定しますが、アメリカの連邦準備制度理事会(FRB)は国家機関ではなかったんですね。



posted by dd1204jp-toeic at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月14日

Jamming

Jammingをダウンロードしました。

http://dicwizard.jp/jamming.html

リーダーズ英和辞典第2版+プラス DDv3付き
Windows版CD-ROM リーダーズ+プラス GOLD

は串刺し検索はできないようですが、

リーダーズ英和辞典第2版
プラスを別々に購入し、使う予定です。




posted by dd1204jp-toeic at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 翻訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月13日

ワイルドカード検索 ?*

電子辞書などでは、ワイルドカードの検索機能がついているものがあるのですが、

http://www.onelook.com/


オンライン辞書でワイルドカード検索ができます。
例えば、真ん中に「xyz」という文字列を含む単語を調べたい場合、「*xyz*」という文字列を入力してsearchボタンを押すと、検索結果の単語がアルファベット順に表示されます。

posted by dd1204jp-toeic at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月12日

翻訳(日英・英日)単価


http://www.glova.co.jp/translation/budspeed-translation.html

日英:3円/文字 英日:6円/word

最新の機械翻訳に人間によるリライト


<ビジネス分野の翻訳>
英語 から 日本語 → 12円〜/1単語(2,400円〜/1ページ)
日本語 から 英語 → 8円〜/1文字(3,200円〜/1ページ)
※ 原文を対象
※ ()内は、1ページを200単語(または400文字)とした場合の参考価格。


<医薬・医学分野の翻訳>
英語 から 日本語 → 14円〜/1単語(2,800円〜/1ページ))
日本語 から 英語 → 13円〜/1文字(5,200円〜/1ページ))
※ 原文を対象
※ ()内は、1ページを200単語(または400文字)とした場合の参考価格。


<IT・情報通信分野の翻訳>
英語 から 日本語 → 15円〜/1単語(3,000円〜/1ページ))
日本語 から 英語 → 10円〜/1文字(4,000円〜/1ページ))
※ 原文を対象
※ ()内は、1ページを200単語(または400文字)とした場合の参考価格。


<技術・機械分野の翻訳>
英語 から 日本語 → 15円〜/1単語(3,000円〜/1ページ))
日本語 から 英語 → 10円〜/1文字(4,000円〜/1ページ))
※ 原文を対象
※ ()内は、1ページを200単語(または400文字)とした場合の参考価格。


<法務・契約書分野の翻訳>
英語 から 日本語 → 15円〜/1単語(3,000円〜/1ページ)
日本語 から 英語 → 10円〜/1文字(4,000円〜/1ページ)
※ 原文を対象
※ ()内は、1ページを200単語(または400文字)とした場合の参考価格。


<特許・知財分野の翻訳>
英語 から 日本語 → 25円〜/1単語(5,000円〜/1ページ)
日本語 から 英語 → 15円〜/1文字(6,000円〜/1ページ)
※ 原文を対象
※ ()内は、1ページを200単語(または400文字)とした場合の参考価格。


<金融・会計分野の翻訳>
英語 から 日本語 → 15円〜/1単語(3,000円〜/1ページ)
日本語 から 英語 → 12円〜/1文字(4,800円〜/1ページ)
※ 原文を対象
※ ()内は、1ページを200単語(または400文字)とした場合の参考価格。
posted by dd1204jp-toeic at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 翻訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Google SearchWiki

海外のGoogleの検索結果に最近、【Google SearchWiki】
という新サービスがスタートしたそうです。



Google SearchWiki


最近、アメリカのGoogleで検索すると、検索結果に表示されるサイト名の横に


↑矢印、↓矢印、×印が


出てくるようになりました。


これは、Googleが、検索している一人一人の検索結果を変えられるようにして、検索ユーザーにとって本当に必要な検索結果を提供しようとしているんですね。



↑のボタンを押すと、10番目以下のサイトでも、その人の検索結果ではこれから先、ずっと上位表示できるようになり、×を押すと、
これから先、二度と、そのサイトは表示されなくなります。



【YouTubeの動画】
http://jp.youtube.com/watch?v=t8Pl1H0dIXE

【Googleの説明】

http://www.google.com/support/bin/answer.py?answer=115764


ある噂によると、これらのデーターを基に、これからGoogleは、検索結果を変更して、本当にユーザーにとってベストな検索結果を提供するようにするっていっているんです。


って事は、ちょっとダークなSEO対策を行っているサイトは、もう通用しなくなる。
これからは、やはり、ユーザーにとって本当に役立つサイトを
提供しているサイトのみが生き残れる時代だと思います。
実際、『有望な海外のアフィリエイトサイトがいくつか消えている』
そうです。



posted by dd1204jp-toeic at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | SEO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

翻訳の単価

某グループが翻訳を始めました。




納品時間 90分以内
翻訳分量 英文200words 日本語400字以内
翻訳料金 3150 円均一(税込み)90分以内で翻訳


納品時間 8時間以内
翻訳分量 英文1000words 日本語2000字以内
翻訳料金 英日:1word/20円
日英:1文字/20円


納品時間 24時間以内
翻訳分量 英文2000words 日本語4000字以内
翻訳料金 英日:1word/15円
日英:1文字/15円

納品時間 3日以内
翻訳分量 英文6000words 日本語12000字以内
翻訳料金 英日:1word/12円
日英:1文字/12円

となっています。

某大手化粧品通販会社では

英語 ⇒ 日本語 @3,000円〜/和文400文字
(@3,150円〜)
@25円〜/英文1ワード
(@26.25円〜) ●バイリンガルチェックが含まれます。
日本語 ⇒ 英語 @6,000円〜/英文180ワード
(@6,300円〜)
@15円〜/和文1字
(@15.75円〜) ●ネイティブリライトが含まれます。
●バイリンガルチェックが含まれます

となっています。


posted by dd1204jp-toeic at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 翻訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SEO対策:TOEIC

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。