2009年07月30日

源泉徴収

いくつかの職業では、源泉徴収が義務付けられているようですが、たとえば、翻訳とか、法人対個人の場合は、必ず、源泉徴収は引かなければならないようです。また、個人対個人の場合は、引かなくてもいいようです。

たとえば、こちらが、仕事を請ける場合、個人として、源泉は引かれますが、こちらが、元の代金と、消費税を別に請求した場合、元の代金の10%が引かれます。税法上は、元の代金+消費税の合計の10%でも、元の代金の10%でもかまわないようです。

100000円で500円違う計算です。
posted by dd1204jp-toeic at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
SEO対策:TOEIC
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。